The musical concept of "Mono Creation"
Many styles under one roof... Creating music of different genres
through innovative thinking and seeing beyond existing musical styles.

2015.05.09

2015. 05.09 O.A. (Emily Styler)

0502写真㈰

平戸祐介(以下:H):こんにちは、平戸祐介です。

Stella.J.C(以下:S):Stella.J.Cです。

H:Stellaちゃん、今日はなんとですね、アイスクリームの日だそうです。

S:アイスクリームの日ってあるんですか。

H:あるみたいなんです。

S:平戸さんは好きなアイスクリームありますか?

H:バニラです。

S:王道のバニラですね。なにかかけたりします?

H:かけないです。

S:そのままプレーンに?

H:プレーンで。バニラしか食べません。

S:わたしバニラをコーヒーに入れたりするの好きです。アフォガード!

H:あ、いいねー!!そんなオツな食べ方したいもんです。
ということで、 平戸祐介 Radio monocreationいきたいなと思います!
ファーストソングは4月リリースとなりました、僕、平戸祐介のセカンドアルバム『Voyage』から聴いてください。平戸祐介で『Love for sale』

0502写真㈪

H:今週も素敵なゲストをお呼びしております。先週に引き続きましてEmily Stylerさんです!

Emily Styler(以下:E):はじめまして、よろしくお願いします。Emily Stylerです。

S:はい、 まずはEmily Stylerさんのプロフィールからご紹介させていただきます。Mono Creationレーベルの第一弾アーティストとして、今年デビュー。
幼少期からピアノを引き続けてきたクラシック育ちの彼女がHIP HOPと出会い、つくり上げたのが『My Primal Antitheses』。同アルバムは2月4日に発売されるなり、10代〜30代の若者を中心に人気を集めiTunesのHIP HOPアルバムランキングで2位。リード曲である『The Starry Night』のトップソングでは4位を獲得しています!
またですね、2月25日にはリリースパーティーを開催しまして、ファンを魅了する圧倒的なパフォーマンスを魅せてくださいました!

H:実は、Stellaちゃんと僕と、今日のゲストのEmilyさん、初対面じゃないんすよね。

S:そうなんです。

H:2月25日に開催されました、MonoCreationのコンピレーションアルバム『Colors of Life by MonoCreation』とEmilyさんの素敵なファーストアルバムのダブルリリースパーティーということでね!

S:そうですねー。 Colors of Lifeの方は、コンピレージョンアルバムでリミックスアルバムとして出させてもらってまして、ダブルリリースということでEmilyさんと一緒に出させていただきました。

E:ありがとうございましたー。

H:ダブルおめでた的なね。

E:あはは。いい感じで。

H:でもそのパーティーはさぁ、MonoCreationの記念すべき初のリリースパーティーだったんだよね。

E:そうだったんですよー。なので、前々からたくさんのスタッフと一緒に準備しまして、その日の為にみんなで練習してっていうかたちで進めて参りました。

S:実はそこに平戸さんも一緒に共演させていただきまして。

E:スペシャルゲストですね。

H:華を添えたのか添えなかったのか…

S:いやいや!立派な華を添えていただきまして!

H:その日、Emilyさんのアルバムに入ってますKharismaさんと共演したんですよ。

E:そうですよね。

S:わたしも見てましたよ。

H:すばらしいラッパーですよね!

E:彼はいつも積極的というか、曲作りのときもそうなんですけど言ったもの以上のものが返ってきて、音楽が本当に心から好きなんだなっていうのが伝わってくる人物ですね。

S:Emilyさんのときにも共演しているのを観させてもらってたんですけれども、ファッションショーもあったりして…

E:そうなんですよ。わたしのLIVEの時にREIJI HARIMOTOさんのブランドの衣装を作っていただいたので、そちらを着用してとてもいいイメージでLIVEを進めて参りました。

H:ということでですね、今年2月にリリースとなりましたEmilyさんのアルバム『My Primal Antitheses』から一曲聴きたいんですけれども!

E:はい、先程お話にも出ましたfeat. Kharismaで『Nicola』聴いてください。

GTXC-105_digi

Emily Styler「My Primal Antitheses」

H:はい!、Emilyさんの曲聴いてもらいましたー!いいよね!

S:いいですねー。

E:ありがとうございます。

H:ちょっと気になるのが今後のEmilyさんの活動!

E:えっとですねー、今年は秋口、年内辺りにはまた良い情報をお届けできるかなと思うんですが、もちろんその前に何かありましたら、随時公式のHPがありますので、そちらで情報を発信していきます。

H:MonoCreationのね、TOPページにボーンッと!

S:出てますから!是非みなさんもチェックしていただけたらと思います!

H:今アルバムをね、リリースしたばかりで聞くのもなんですけれども、もう次回作の展開とか構想ありますか?

E:そうですね、もう曲はどんどん出来上がっていて、情感も結構進化したものにしたいと思っているんですが、音はもっと深くディープなものにしたいので、今回のファーストアルバムよりもいろんな世界観が表現できたらと思っています。

H:Emilyさんの構想を聞いてたらさ、ファーストアルバムも買いたいけどセカンドアルバムも早く買いたいよね!

S:ですね!気になりますね!

H:どういう楽曲が生まれるのかね!

S:どんな世界観が出てくるのか。

E:わたしピアノを弾くって言ったんですが、ギターの音が結構好きなので、その辺にもこだわりを持ってつくっていけたらと思ってます。

H:いいですねー。もうこれだけビジョンがあるんだから、素敵な作品になること間違いない。リリースがあったら、次LIVEですよ。LIVE是非ここ長崎で。

E:はい、是非〜!

H:やってほしいな〜

E:ロケーションもいいですからねー、長崎は。

H:稲佐山っていうね、長崎に夜景がものすごい綺麗にね、見えるところがあるんですよ。そこでね、LIVEをやってほしいねー

E:最高ですね!

S:夜景の中でLIVEって、それこそ本当に幻想的で…

H:いや〜最高だと思う。普通LIVEはさ、寝たりしたらダメじゃない?だけどあえてEmilyさんの歌も演奏も聴いて、ちょっとうとうととかよくない?新しいLIVEのスタイルね!こういう常識を覆すっていうかね、そういう力をEmilyさん持ってると思う。だから今後、すごい期待してます!

E:ありがとうございます!

S:楽しみにしてます!

H:ということでですねぇ、あっという間に時間が経ってしまいまして、そろそろお別れの時間となりました…Emilyさんよかったらですねぇ、最後に聴いている方にメッセージをお願いします。

E:先程お話しにも出たんですが、ぜひ眠りにつく前にわたしのアルバム聴いていただけたらとよく考えていたので、リスナーのみなさん、学校やお仕事など毎日過ごされていることと思います。そして、悩み事、みんなあると思うので疲れたときなどに、わたしの曲を聴いて少しでも心を落ち着かせて眠りについていただけたらと思います。どうぞ、お願いします。

S:ありがとうございますー!生活の一部になるような曲にって感じなのかな。

E:はい、そうですね。それはとても嬉しいです。

H:癒されますよ。ほんと必要だから音楽はね、やっぱ人の気持ちを癒したり元気づけたりね、そういうパワー持ってるものだと思いますので、これからのEmilyさんの活躍に、そして活動に乞うご期待ということで!

E:よろしくお願いします。

S:楽しみにしてます。

H:はい、このままねぇEmilyさんを帰すわけにいきません。

E:あはは。

H:ピアノ2台…

S:ありますねー笑

H:今日Stellaちゃんも弾いてもらえるということで…

S:はい…

H:もちろん僕も弾きますけれども。

S:となると、やっぱり?

E:わたしは〜、歌います!笑

H:やった!!ということでね、今回3人でセッションするんですけれども、
トラックを?

S:今回、私がトラックメイクをさせていただきまして…
みなさんも耳にしたことが多いかもしれませんが、『Night and day』ですね。
こちらを私アレンジで皆さんに聴いていただければと思います。

H:Night and dayということで夜も昼もEmilyさんの音楽を聴いてほしいという願いも込めてね、聴いてもらいましょう。

E:是非、お願いします。

S:では、お聴きください。『Night and day』

〜〜 Night and day〜〜

H:平戸祐介 Radio Mono Creation。先週、今週とゲストに、Emily Stylerさんをお迎えしてお送りしましたが、いかがだったでしょうか?

S:わたしは同じ事務所なんですけれども、ゆっくり話したことがなかったので、今日いろいろお話できてよかったです。

H:いろいろEmilyさんの素顔を見れたというかね。

S:いろいろ聞けてよかったです。これから仲良くしていきたいなーって。
あ、仲が悪いんじゃないんですよ。笑

H:はい、覚えてますよ。笑
ということで、 この番組では、毎週テーマにあわせたJAZZナンバーをセレクトしてお届けしているんですけれども、今週のテーマは“ 母の日 ”です。
そう、明日は母の日ですよ! “母の日”というテーマでセレクトした1曲は、今バックでながれています、今日のエンディングソングとなります。Horace Parlanというピアノの人がやっています、『My Mother´s Eyes』というね、1960年代にBLUE NOTEにレコーディングした一曲ですね。

0509写真㈬
ホレス・パーラン「The Complete Horace Parlan Blue Note Sessions」

S:いい曲ですね。私も母の日にプレゼントしようかな。

H:そうね、僕たちやっぱりほら音楽でね、お母さんに…

S:そういうプレゼントいいですよね。

H:なかなかできないじゃん。
それでは皆さんカジュアル&リラクシングな週末を!

S:Have a nice weekend!

H&S:ばいばーい!

【Stella.J.Cコメント】
こんにちは、Stella.J.Cです!
『Night and day』のセッションいかがだったでしょうか?(ブログでお送りできないのが残念です。。。)
いつもながらに、私、楽しかったですー!!
Emilyさんの声ってウィスパーボイスっていう、ささやくような歌声なんですけど、 Night and dayのトラックにEmilyさんの声が乗っかったときの変身が楽しみだったんです!色が出ますね〜!素敵でした!!
さらにさらにそこに調和する平戸さんの旋律が、まぁかっこいい!!
みなさん、Emily Stylerさんをぜひぜひチェックしてみてください!