The musical concept of "Mono Creation"
Many styles under one roof... Creating music of different genres
through innovative thinking and seeing beyond existing musical styles.

2015.05.23

2015. 05.23 O.A. (アートディレクター/梅沢 篤)

平戸祐介(以下:H):Stella.ちゃん、今日5月23日はラブレターの日なんだって!
五(こ)二(ふ)三(み)で「こいぶみ(恋文)」の語呂合せからきてるみたいなんですよ。

Stella.J.C(以下:S):なるほどね。平戸さんはラブレターをもらった経験がいっぱいあるんじゃないんですか?

H:いや〜ラブレターね〜、○○十年前にね〜
今はもうね、デジタルな世の中なんでね。でも今もらったらちょっと嬉しいかもね。

S:嬉しいですよね!

H:ラブレター募集中でーす!笑

S:あはは!

H:というわけで、先週に引き続き、ゲストに梅沢篤さんをお迎えしてお送りいたします!

0516写真㈰

S:先週はですね、ロンドンのお話ですとか、グラムビーストの立ち上げについてお話しましたけれども、今日はやっぱり音楽ですね。ここのお話もいろいろ聞いていきたいなーと思いますねー

H:はーい、今週もね、梅沢さんの側面を掘り下げていきたいなと思っております!ファーストソングは4月リリースとなりました僕平戸祐介のセカンドアルバム『Voyage』からお届けします。平戸祐介で『In a gloomy mood』

0502写真㈪

H:それではご紹介します、アートディレクターの梅沢篤さんです!イエイ!

梅沢篤(以下:U):よろしくお願いします!

S:はい、 これまで数々のミュージシャンのCDジャケットや映像作品などを手がけているアートディレクター の梅沢篤さん、私も撮影していただいてるんですけれども、幅広く活動されておりまして、その辺りについて今週は深く深く伺っていければと思っています。

0523写真㈫
※写真はStella.J.Cアー写撮影時

H:ということでですね、梅沢さんが仕事中にも聴いてると思うですけれども、休みの日とか聴いてる音楽ってどういうのなんですか?

U:僕はジャンル問わず結構いろんな曲を聴いてるんですけれども、仕事場ではジャズをメインに聴いたりしてますね。

H:ジャズだとどういう曲ですか?

U:Harbie Hancockとか、それからKeith Jarrett、Pat Methenyとかそういう割と聴きやすい曲ですね。

H:僕ずっと気になってたんですけど、梅沢さん今日ね、MilesのTシャツ着てるんですよ。

S:わたしも実は思いましたー!

H:そうでしょ!かっこいいTシャツ!

S:ねー!!

H:あと音楽を聴くときに、シチュエーションごとに、アーティストなり分けてるって聴いたんですけれども。

U:そうですね、結構天気に心が左右されるタイプでして、雨の日は割と雨を楽しみたいタイプで、雨っぽい曲を聴く事が多くて、晴れてるときは逆に晴れをおもいっきり楽しみたいので、晴れに合うような曲を聴く事が多いです。

H:なるほどねー!先週もちょっと話したんですけど、グラムビーストで教育活動にもね、フォーカスしてやってらっしゃるって言ってたから、そこをね、もう少し掘り下げてお聞きしたいんですけども…

U:もう4年くらいになるんですけど、二子玉川にある保育園と、あと恵比寿にバンタンっていう専門学校があるんですけど、そこでアートを中心に学生と保育園児たちと一緒にモノつくったり、美術館に一緒に行ったりしてます。

H:素敵だねー!

S:大事ですよねー。今の若い人たちってアートに触れることがほぼないと思うので、やっぱりその話しを聞けるだけでも、日ごろ街を歩いてたときに“こういうアートもあるな”って感じることも多いと思うし、そういうアートに触れる機会をくださるのはいいですね!

H:やっぱりほら、梅沢さんみたいなトップでさ、シーンを突っ走ってる方がさ、ステージから下りてきてくれて、そういう機会があるっていうのは今の若い人たちと子供たちは幸せよね!

S:いや〜楽しいと思いますよホントにー
子供たちから、逆に発信されるものもあるんじゃないんですかね?

U:そうですね、保育園に通ってる子たちっていうのは、5才4才の子たちなんですけど、すごく自分たちの感情に正直なので、良いものは良いし、つまんないものには全然見向きもしないんですよ。

H:そうですよねー

U:で、こちら側からのプレゼンテーションも全然敵わないので、結局どんなに口がうまくても最終的には良いものを彼らに提供しないと、振り向いてもくれないっていうことが
起きるので、まぁおもいっきり自分の力を出して、ぷいってやられたことに関しては、ちょっと力不足だったなーとか、これは好きなんだーとか、一緒になって彼らの反応を見るのはやっぱりすごく楽しいです。

S:子供は素直ですからねー!

U:そうですね。

S:そういう子供たちの発信とか、子供たちに対する梅沢さんの気持ちとか、そういうものもあると思うんですけれども、今後アートに向けて目指していくところっていうのはどういうものなのか、ちょっとそこをお聞きしたいなーと思って。

H:聞きたい!

U:まぁいちばんの理想としては、アートっていう言葉そのものが特別な意味をもたなくなる日が来たらいいなと思っていて、例えば音楽って言葉を発したときに誰も恥ずかしいって思わないんですよね。ただアートって言うと、なにあの人特別なことをいきなり言いはじめてるの?みたいな、そういう空気がやっぱりまだ流れちゃうんですけど、なんかこう誰が“アート”って言っても、“ああ、アートね” みたいな誰もが当たり前のようにその言葉を使える日が来れば、それが自分の中でゴールかなって思ってまして。

H:そうかもね!確かにアートって言ったらさ、なんでそんな高尚な言葉使ってんのっていうところだもんね。

S:ちょっとお高いところのような意識って持っちゃいますもんね。

H:だけど梅沢さんみたいに日々ね、そういう信念を持って活動してたら早いですよ実現は!だって梅沢さんだけじゃなくて、その周りを取り囲んでる人たちもいると思うから、一体となって、そんな日が来ると思いますよ。

U:来るといいです!

H:ということでですね、今週も梅沢さんが影響受けた曲、もちろんリクエストでもいいですし、お聞かせしてもらえたらなと思うんですけれども。

U:えっとですねぇ、Massive Attackの『Protection』という曲でして、この曲はMassive AttackなんですけどEverything But the GirlというグループのTracey Thornという人が歌っている曲なんですけれども、この曲を聴いてると雨の中濡れながら歩いたロンドンとか、夜道を歩いてることとか、そんなことを思い出すような曲ですね。今でもたまに聴いてるんですけど、いつ聴いてもちょっとロンドンに頭がいくというか旅をするような、そんな曲です。

S:ロンドンで過ごされてた想いとかもいろいろ回想してくるんじゃないですかね?

U:そうですね、まぁちょうど、この曲聴いてるぐらいに今の奥さんと出会ってですね…

H:いや〜素敵!

S:いいなーそういうエピソード!

H:だから、今の生活のベストになる基本が、そのロンドンに梅沢さんがいたときのことが反映されてると思うからね。

S:そうですね。大事な良い一曲ですね。

H:ちょっとロンドンの話をしたいんですけど、食事とかどうなんですか?
僕の知り合いなんか、あんまりーって人もいたけど逆においしかったっていう人もいるんですけど…

U:あのー、簡単に言うと365日毎日まずいご飯を食べるのはすごい簡単です。けど、365日毎日おいしいご飯を食べることもできます。そういう街です。日本みたいに何を食べても、ある程度の味以上ってことじゃなくて、ちゃんと手を抜いているものから、ちゃんとおいしいものまで幅広くある街なので…

H:なるほど!

U:あと、感覚的にここはどうかなって思った時に、勇気を持って入るとだいたい失敗します。

H&S:あはは。笑

H:これからね、ロンドンに旅行に行こうかなという方にもね、貴重な梅沢さんの意見ということで…

S:ぜひ、この曲を持って行っていただけたら良い曲になるんじゃないかなと思います!

H:二週に渡ってですね、本当にありがとうございましたー!

U:ありがとうございました!

H:またゲストで遊びに来てください。

U:ぜひ、よろしくお願いします。

H:はい!アートディレクターの梅沢篤さんでしたー!

H&S:ありがとうございました~!

U:ありがとうございました!

H:先週、今週とゲストにアートディレクターの梅沢篤さんをお迎えしてお送りしましたけれどもいかがだったでしょうか。

S:わたしアートがより身近に感じました。いろいろ聞けてよかったですー、
また来てほしいです!

H:この番組では、毎週テーマにあわせたJAZZナンバーをセレクトしてご紹介しています。今週のテーマは“ KISS ”です。 オープニングでラブレターの日とご紹介しましたが、KISSの日でもあるんですよね。1946年の今日、日本で初めてキスシーンが登場する映画が封切りされたそうなんですよね。
それで“KISS”というテーマでセレクトした1曲は、Harry Connick Jrの『Love Is Here To Stay』

S:良い曲ですね。

H:まぁLoveとKissね、密接な関係にあるじゃないですか。

S:そうですね、その2つは。

H:まぁお昼なんでね、この辺で深いところまでいかずに…いきたいところですけれどもね。笑

S:はい。笑

H:皆さんカジュアル&リラクシングな週末を!

S:Have a nice weekend!

H&S:ばいばーい!

【Stella.J.Cコメント】
こんにちは、Stella.J.Cです!
みなさんアートってどんなイメージを持ってますか??
芸術という面では音楽も一緒だと思うんですけど、アートって聞くとやっぱりどこか遠さを感じますよね。
でも実はアートって私たちの身近にたくさん存在していて、触れてたりもすると思うです。ただそれをアートだと気付いていなかったり、アートだと思っていなかったり…。毎日意識するだけでもアートに対する考え方、見方が変わるかもしれませんね。
毎日当たり前になるアートに!わたしも日ごろ意識して楽しみたいと思います!!