The musical concept of "Mono Creation"
Many styles under one roof... Creating music of different genres
through innovative thinking and seeing beyond existing musical styles.

2015.10.10

2015. 10.10 O.A.

FullSizeRender(1)

平戸祐介 (以下:H):今日は10月10日、ちょっと前までは今日が体育の日だったんですよね。今は10月第二月曜日になっているので、今年は10月12日で今日から3連休という方も多いのではないでしょうか?

Stella.J.C (以下:S):運動会っていう方も…

H:多いかもね。

S:多いかなー

H:シーズンですよね。

S:平戸さんはどうでした?運動会。

H:背が大きかったから…今やってんのかな?組体操。

S:はいはい!

H:いちばん下だったんですよ。でかいからね。最後くずれるじゃない?バーって。崩れたときに、骨折って…

S:えー!

H:鎖骨と肋骨。だからちょっとそういうイメージがある。

S:そんな嫌なエピソードが…

H:だけど運動会って言ったらね、楽しいと思いますよ。

S:みなさんも、怪我だけは気をつけて…

H:うん、怪我だけはね!気をつけてくださーい。
今週もですねー、この秋におすすめの音楽をご紹介していきたいなと思っております。くんちも終わって秋本番ということで、この番組楽しんでもらえたらなと思います。
まず始めにご紹介するのは、カシオとカドカワによる音楽レーベルMono Creationの第二弾アーティスト、ピアニスト兼コンポーザーのリー・アユールです。

S:ジャンルを超えて音楽を構築する実験的なスタイルを持ち、アナログとデジタルが混在する曲調の中で魅せるアーティスティックな音使い。2016年にはアジアの実力派アーティスト達を迎えて、1stミニ・アルバムをリリース予定となっています。今年の秋冬、来年と注目の女性アーティストです。お送りするのは、深く繊細な詩世界で数々の名曲を生み出したShing02をフィーチャリングしたデビュー曲、9月21日からタワーレコード限定で楽曲ダウンロードコード付きフライヤーが配布されています。ではお聴きください!リー・アユールで「巡 / meguru feat. Shing02」です。

H:さぁ今週もですねー、この秋おすすめの音楽ということでStellaちゃんと僕で1枚ずつご紹介したいなと思います。まずは僕からいきたいと思います。
quasimodeのベースなんですけれども、須永和広。須永和広くんの初リーダーアルバム。先週はね、ドラムの今泉総之輔くんの初リーダーアルバムをご紹介したんですけれども、今週は須永和広くん。アルバムタイトルは『MIRROR』。鏡に映し出すかのごとく、彼自身が…まぁ普段ジャズの演奏もやってるんですけど、Popsのアーティストaikoさんだったり、東方神起、松任谷由実さんとかのバックバンドやってるんですよ。

S:あらー、すごい!

H:全国飛び回ってるんですけれども、彼、元々R&B、ブラックミュージックも好きなんですけれども、Popsの下地がものすごくあるベーシストなので、彼のルーツがホントに素直に出てます。作詞、作曲…作詞できるとは、僕思いませんでした。

S:へぇー!すごいですねー!

H:そうなんですー。作曲ができるのはもちろん知ってたんですけど、作詞がここまでできるとはねー。ほんとに恐れ入りましたねー。

S:マルチですねー!

H:9月もねー、彼のアルバムのリリースパーティーがBillboard Live Tokyoで行われたんですよ。彼が繕うこともなく、ほんとに素直に素の自分を音楽に取り組んでたなーって。ほんとに清々しい気持ちにさせられるLIVEでしたね。で、『MIRROR』っていう須永くんの初リーダーアルバムが9月9日にリリースされております。ぜひお手元に取って、聴いてもらいたい一枚となっております。9月9日リリース『MIRROR』から一曲聴いていただきたいなと思います。須永和広『MIRROR』から『リズム』です。

須永和広

須永和広 「MIRROR」
iTunes https://itun.es/jp/oVhR9

S:はい、では続いて私からですね、ご紹介したいと思います。私のご紹介したい曲はSouliveの『Doin something』というアルバムからですね…

H:あーいいアルバム!

S:そうなんですよ。初期のアルバムなんですけども、『One In Seven』って曲です。このアルバムっていうのが、オルガンをベースとしたすごくグルーヴィなかっこいい曲なんですよ!で、私この『One In Seven』はこのアルバムの中でいちばん好きな曲でして、すごくのれる曲なんですけれども、私この曲をずっとリピートして聴いてる時期がありまして…3年くらい前かな。私はこの曲を集中する曲…

H:なにか作業するときにね。

S:そう、何か作業するときにずっとかけておくと、私はこの曲で結構集中できるんですよ。一時ほんとにリピートして聴いてたんですよ。

H:なるほどねー。Stellaちゃんと同じ境遇の人いるんじゃない?受験勉強しなきゃーとか来週提出しなきゃーとか、集中しなきゃいけないとね!

S:納期に追われてる方はね、是非聴いていただきたいんですけれども、聴いてたらのっちゃうかもしれない。(笑) なんだろうー、何が集中できるのかなー。まぁ人それぞれあるかとは思うんですけれども、HipHopだったり、Soulだったり、ファンクだったり…そういうジャンルも含まれているアルバムなので、やっぱ聴きやすいかとは思うんですよね。なので、みなさん是非聴いていただきたいと思います。
ではSouliveの『Doin something』というアルバムから『One In Seven』です。

soulive

Soulive 「Doin something」
iTunes https://itun.es/jp/r1HaS

H:今週は二人が秋におすすめの音楽を先週に引き続きお送りしましたけれども、いかがだったでしょうか。まぁ芸術の秋ですよ。なので夏の間はね、じっとして音楽を聴くことはなかなかできなかったと思うんですけれども、涼しくもなってきました。ぜひね、家で一つ一つ音を楽しみながら素敵に時間を過ごすのもね、すごくいいんじゃないかなと思います。それでなんと言ってもいつもゲストの方がいるじゃないですか。こうやってStellaちゃんと僕で素敵な時間をやっていくのもね!

S:いいですよね!

H:いいですよねぇ!たまにはね、ゲストさんなしでも今後もお互いが気になってる曲だったりとか、影響受けた音楽だったりとか、これからもみなさんにね。

S:ぜひご紹介したいです!

H:ね!

S:この番組では毎週テーマにあわせたJAZZナンバーをセレクトしてお届けしております。今週のテーマは“ スポーツ ”です。オープニングでもね、お話しましたけれども、明後日は体育の日です。今日は元体育の日でもあるということで…平戸さん、スポーツというテーマでセレクトということですが、なんでしょうかー。

H:そうですねー、すごいロックな感じなんですけれども、トランペットのMiles Davisがですねー、1900年の初頭なんですけれども、黒人ではじめてボクシングでね、ヘビー級のチャンピオンになったJack Johnsonという方がいるんですけど、Jack Johnsonさんにトリビュートしたというかね。思いを膨らんでつくった曲が、今流れている曲なんですけれども、Miles Davisの『ライト・オフ』という曲なんですよね。

miles davis

Miles Davis 「A Tribute to Jack Johnson」
iTunes https://itun.es/jp/sEIIx

S:かっこいいですねー!

H:そうですよね!この『ライト・オフ』を聴きながらですね、スポーツ=ボクシング…まぁ半ばちょっと強引なところありますけれども(笑)

S:あはは。みなさん是非おすすめでーす!

H:皆さんカジュアル&リラクシングな週末を!

S:Have a nice weekend!

H&S:ばいばーい!

【Stella BLOG】
こんにちはー!Stella.J.Cです。
今週もこの秋おすすめの音楽たちをご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうかー。今回ご紹介したSoulive、このバンドはジャズ初心者の方でもすごく聴きやすいと思うんです。
今回ご紹介したのは『Do In Something』ですが、その前に出しているアルバム『Turn It Out』もおすすめです!全体的にアップビートな曲調でファンク、ポップの要素もあるアルバムです。なにか作業するときでも良いですし、ドライブの時などにも良いかもしれませんね♪みなさん、ぜひぜひ♪