The musical concept of "Mono Creation"
Many styles under one roof... Creating music of different genres
through innovative thinking and seeing beyond existing musical styles.

2016.09.03

2016. 09.03 O.A.(Ryu Miho)

平戸&ryumiho&Stella

平戸祐介 (以下:H): 今日9月3日はですね、ホームラン記念日ですね。

Stella.J.C (以下:S):ん~、ホームラン記念日?

H:はい。現在ソフトバンクホークス会長の王貞治さんが、現役のときに世界記録更新となる通算756号のホームランを打った日が1977年の今日だそうです。

S:そうなんですね~!

H:最近こうね、ホームラン級の出来事とかって何かありました?

S:えー!?ホームラン級の出来事?難しい(笑)

H:難しいよね~

S:んー。けど暑さかな~!

H:もうね、今年暑いからね~。
S:あの平戸さんともご一緒したPacific Roots FESTの時。

H:あー!横浜でやったね、あれは暑かったよね~。

S:あの時のライブの暑さはすごかったですね。

H:ホームラン級だったよね~

S:はい。もうジリジリジリジリ、身体が焼けているような感じでした。

H:もうね、所かまわず目玉焼きができそうなね!

S:ほんと、ほんと!(笑)

H:ね~。まだ残暑厳しいのでね、皆さんもお気をつけください~。
今週はゲストにですね、女性JAZZY-POPシンガーのRyu Mihoさんをお迎えお送りします。今週のファースト・ソングは、来週9月9日(金)、10日(土)の2日間、福岡市にあります中州界隈のね、いろんなSPOTが会場となり開催される中州JAZZ、
このあとご登場いただくRyu Mihoさんも出演されるんですが、10日(土)の方に出演しますMonday 満ちるさんの曲からスタートしましょう!聴いてください、Monday満ちるで「Sands Of Time」。

Monday満ちる「NEXUS」

mondey満ちる

iTunes https://itun.es/jp/pqfMr

H:今週はゲストに、すばらしいシンガーが来てくれています。女性JAZZY-POPシンガーのRyu Mihoさんをお迎えしております。

Ryu Miho(以下:R):こんにちは~。よろしくお願いいたします。

S:はーい!よろしくお願いしまーす!

H:よろしくお願いしますー!

S:まずはですね、プロフィールをご紹介したいと思います。
Ryu Mihoさんは、ロサンゼルス生まれの鎌倉育ち。2009年にデビューし、“TOKYOのため息”とも言われる浮遊感あふれる癒し系ウィスパーボイスで注目を集めます。
2014年には、群馬県吾妻郡中之条町の公式テーマソング「なかのじょうのうた」を歌い、観光大使にも就任。今年7月には3枚目のオリジナルフルアルバム『Call me』をリリースされたばかりということです。

H:はい~。ということでですね、今年7月に『Call me』リリースおめでとうごさいます!

R:ありがとうございます~!

S:おめでとうございます!!

H:7月29日にMotion Blue YOKOHAMAでライブを…

R:あ!はい。リリースライブをやらせていただきました。

H:そうですよね~!いかがでした?

R:レコーディングメンバーがほとんど来てくださって、豪華なメンバーだったんですけど、
たまたまちょうどその29日にみんな空いてるということだったので、
ゲストのサックスプレイヤーである本多俊之さんもトランペットの類家 心平さんまで来てくださって。

H:わー!

R:もう超豪華な感じでやらせていただきました。

H:本多俊之さんと言ったら、マルサの女…

R:そうなんです!それも吹いてくれました!

S:わー!!

H:もうねぇ!来場してくれた方は、Ryu Mihoさんの美しい歌声を聴いて、そして本多俊之さんの「マルサの女」まで聴けたっていうねぇ!いやー、いいなぁ。

S:ほんと、濃いリリースパーティーですね!

R:ありがとうございます!

H:あの~、 Mihoちゃんって言っちゃっおうかな?

R:大丈夫です!あはは。

H:Ryu MihoちゃんがFM佐賀で番組をやられてるんですよね?
「Ryu MihoのJAZZY WAVE」にゲスト出演させていただきまして、そこからねぇ、仲良くさせていただいてるんです。

S:えー、そうなんですねぇ!

H:んで、ゲスト出演が終わった時に、「僕、FM長崎で番組をやってるんで、ぜひ出てもらえるかな?」っていって今日があるわけなんです。

S:なるほどー!!いや~うれしいー!

R:ありがとうございます。うれしいです!

H:今回の『Call me』なんですけれども、どんなアルバムに仕上がりました?

R:はい、全部で11曲入っているんですが、わりとJAZZだったり、POPSも少しは入っているんですけど、「Call me」自体は実はオリジナル曲で、まぁレコーディング最中に出来たということもあるんですが、アルバムを作るという話が去年でた際に、“DSD一発レコーディングしませんか”という話が出て、11曲中の5曲がハイレゾのDSDの機器で一発録りをしてるんですね。

H:おー!!

R:なので、こういったリップノイズとか、指が、皮膚がこすれる音だったり、衣服の音だったり、ギターリストだったら呼吸とか、全部入ってしまって消すことができないし、
いわゆる歌だったらパンチーンという作業がありますよね。“ここだけ変えたいとか、それも全くできません、その代わりアナログ式のレコーディングで録ることができたら、お客さんにはほんとに耳元で聞こえると思うから、それを作品にしてみないか。”ということだったので、“じゃあ、これは挑戦させていただこう”という気持ちで作っていった作品です。

H:なるほどですね~!今ね、Mihoちゃんが話してる時に、よーく耳をね、澄ましてみると、ちょっとため息というかね、聞こえるでしょ?

S:うんうん、聞こえる!!(笑)

H:でしょー!!会話の中でもね、セクシーなね、ため息が聞こえてくるっていうね。

R:いやいやいや~。

S:いま仰っていることそのものが、この会話で感じ取れたというか!

H:なんかちょっと聞き惚れちゃうというかね、会話ででもね!

R:いえいえいえ(笑)

H:そんなね、『Call me』を7月にリリースされたばかりのRyu Mihoさんなんですけれども、本格的に音楽を始めたきっかけは何だったんですか?

R:ちっちゃい時から、歌うことだけはほんとに好きで、眠くなるとめちゃくちゃな歌を歌ってからパタンと寝る子だったっていうのを母親から聞いてるんですね (笑)。
それで賛美歌とかを歌うことが多かったんですね、礼拝で。それから聖歌隊に入って歌うんですが、なんか高校生になって、ロックバンドが組みたくなっちゃって、もう男の子と一緒にLed Zeppelinだったり色々ロックバンドをやって、それからJAZZをやっていくんですけれど。ほんとに色んなジャンルの音楽をやってきたな~という感じです。

H:なるほどね~。

S:そのJAZZに移行したきっかけはあったんですか?

R:実は小学校の時に、父がすごくJAZZが大好きで土曜日にランドセルを背負ってお昼に帰っていったら、リビングに一人で大きい音でJAZZを聴いてる父がいて、あんまり普段は見ないから、だんだんと高校卒業くらいですかね、父が色んなJAZZライブとかコンサートとか、有名な人が来ているときに2人で行くようになって、その中のひとつに、すごく綺麗な絵がお店の中に飾ってあって。青いんですけど、なんか月と、男性が空を飛んでいて、女性の手を取りいざなっているような、空へ。すごい素敵な絵だな~と思って、父も隣にいたんですけどタイトルを見たら、『FLY ME TO THE MOON』って書いてあったんで。“私、やっぱりちゃんとJAZZやりたいな”ってなんかその絵をみて思ってからどんどん色んなセッションにいくようになりました。

H:なるほどね~。そうか~やっぱり家庭環境によるものがすごく大きかったんですね。
お父さんもジャズ聴いてたっていうのもありますしね。

R:そうですね~やっぱりJAZZは父で、母はもうPOPSでマイケルジャクソンとか大好きだったんですけど。なので色々混ざってるっていう感じもあるんですかね~。

H:いやでも、あれなんじゃないですか、Mihoちゃんの普段のライブステージでも結構ソウルナンバーを取り上げることもあるし、ほんとに王道のJAZZナンバーも歌ってらっしゃるし、だからやっぱりお父さん、お母さんの影響はすごくあるんじゃないですかね。

R:ありますね~。

H:ということでですね、とてもじゃないけど時間が全然足りないですね。
いま全国ツアー中ですから、お忙しいかと思うんですけれども、もしよかったらね、来週もぜひ来ていただきたいんですけれども…

R:いいんですか?

S:いいんですか?!!(笑)

R:あはは!ありがとうございます。

H:あはは!ぜひね来週も出演してくださるということで。

S:やったー!

H:よろしくお願いします!
ではですね、Ryu Mihoちゃんのニューアルバム『Call me』から1曲聴きながら今週は一旦お別れということで、何にしましょう?

R:はい、ではタイトル曲であります、Ryu Mihoで「Call me」

H:今週のゲストは素晴らしいシンガーRyu Mihoさんでした!また来週もぜひよろしくお願いします!

R:お願いしますー!

S:ありがとうございましたー!

Ryu Miho「Call me」

callme

iTunes https://itun.es/jp/nZpIdb

H:今週はゲストに女性JAZZY-POPシンガーのRyu Mihoさんを迎えてお送りしましたけれども、いかがだったでしょうか?

S:いや~もう癒しをもらいました。

H:ね~ほんとですよね~。

S:私はじめてお会いしたんですけど、ちょっと思ってる印象と違くて、すごく細くて色が白くて可愛らしい方でしたー!

H:ほんとね~!さて、この番組では毎週テーマにあわせたJAZZナンバーをセレクトしてお届けしています。今週のテーマは、“運動会”です。
そうですよね、9月はね、運動会ですもんね!

S:練習を積み重ねて、この運動会のために特訓してきた皆さんがいると思うんですけども、そこで今バックに流れております今日のエンディング・ソングはCarmen McRaeの「Day By Day」です。やっぱり、日々日々、努力を積み重ねた結果がここで現れるんじゃないかと!皆さん頑張ってください!

Carmen McRae「The Great American Songbook (Live)」

Carmen McRae

iTunes https://itun.es/jp/LKhXm

H:はーい!
番組のFacebookページでは、現在いいね!キャンペーンを行っております。いいね!をしていただいた方の中から、毎月抽選で一名様にスマートフォン置くだけスピーカーをプレゼントしております!〝いいね〟をしていただいた方は、ぜひ番組宛にいいねしたよー!という報告も合わせてメッセージ、リクエストも是非お送りいただければと思います。詳しくは平戸祐介RadioMonoCreationのFacebookページをぜひご覧になってみてください。
みなさん、カジュアル&リラクシングな週末を~

S:Have a nice weekend!

H&S:ばいばーい!

【Stella BLOG】
みなさんこんにちは、Stella.J.Cです。
Ryu Mihoさん、ほんとに素敵な方でした~!それが会話や声からも感じとれるというか。曲を聴かせていただいていたんですけど、Ryu Mihoさんだと誰が聴いてもすぐわかるような、やわらかい透き通る声だなーと感じていたんです。そして今回はじめてお会いして、その抱いていた気持ちそのままを会話からも聴き取れたというか。なんというかすごく特徴的で、今回『Call me』でのハイレゾはほんとにもって来いなお声だったのではないかな~と思いました。ぜひみなさんも『Call me』聴いてみてください!あ、もしもし今回ラジオを聴き逃してしまったという方は、また来週もMihoさん来てくださいます!こちらもぜひぜひチェックしてみてくださいね♪よろしくお願いしまーす(*^^*)