The musical concept of "Mono Creation"
Many styles under one roof... Creating music of different genres
through innovative thinking and seeing beyond existing musical styles.

2016.09.24

2016. 09.24 O.A.

平戸&Stella

平戸祐介 (以下:H): 朝晩、比較的涼しくなってきましたね。

Stella.J.C (以下:S):そうですねー、気持ちよくなってきましたねー

H:ねー!突然なんですけど、長崎市内にね、中央公園ていうSL機関車が展示されてる公園がありまして。

S:へー!

H:素敵な公園なんですよ。そのSL機関車がね、無くなっちゃうんですよー、来年の春に。

S:えー無くなっちゃうんですかー

H:そうなんです、非常に寂しくなりますねー

S:えー思い出が…

H:そうなんです、まぁ今の子供たちは、僕たち世代みたいにSL機関車の中に入って遊べないんですけど、でもあるのがあたり前だったと思うし、すごく人気のある公園だしね。もう僕たち世代にとってはSL機関車の中に入って、どろんこになって遊んだ思い出の公園なんですよ。

S:わーそうなんですねー

H:だから解体されるのは、ちょっと寂しいですよねー

S:じゃあ早くみなさん、もしまだ見ていない方がいらしたら…

H:そうですねー!ぜひ、市の中心部に位置する公園ですんで、見に行ってもらえると嬉しいですねー。ちょっとセンチメンタルになりましたけれども、今日もがんばっていきましょう!

S:はい!

H:今週も先週に引き続きまして、今月はじめ9月2日~4日の3日間開催されました。第15回、東京ジャズのレポートをお届けしまーす。
今週のファーストソングは、惜しくもこの夏他界してしまいましたジャズジャイアンツ、ハーモニカ奏者のToots Thielemansの音源をご紹介したいと思います。「Bluesette」

Toots Thielemans「The Whistler & His Guitar」

Toots Thielemans

iTunes https://itun.es/jp/j7TOB

H:先週と今週は、今月初めにStellaちゃんと僕とで行ってきました東京ジャズのレポートをお届けしております。今年は9月2日(金)~4日(日)までの3日間、東京国際フォーラムのホールAと地上広場、そしてCOTTON CLUBで行われ、およそ50組が参加、登場しました。ほんとに名だたるプレイヤーから今が旬のこれから注目のミュージシャン、そして世界のジャズまで。少しでも多くの方々にジャズを楽しんでほしいという想いで、毎年開催され今年で15回目という記念すべきイベントになったジャズフェスですね。

S:はい!

H:昨年は僕、沖野修也さんの率いるKYOTO JAZZ SEXTETで参加させていただきまして、僕は通算でquasimodeも含めて4回出演させていただいているんですけれども、今回初めて観る方だけで行かせてもらって。

S:どうでした?

H:そうですね、やっぱ変わりますよね。アーティストの息づかいであったり、そしてこういう風にして盛り上がってるんだなっていうのが、客席側からわかる部分もあるし。だからそういう意味ではすごく勉強にもなったし、刺激にもなりましたね。

S:あーほんとですか。

H:Stellaちゃんね、先週も言ってましたけど、初参戦だったんだよね。

S:そうなんです。地上広場でも楽しめて…広場でも中継で観れるんですよね。

H:あ、そのホールAの内容をね。

S:そうですね、それにその広場でもセッションをしている人たちがいるので、子供たちはああいう場がジャズを身近に触れられる場所だったと思いますねー。

H:そうだねー、東京ジャズはラジオ放送もやってますからね。NHKエンタープライズが入ってるからそういうのもできると思いますし。ほんとに良いフェスティバルですよね。だから長崎のみなさんもって言いたいけど、なかなかね、東京までの距離がありますからね~。でもぜひ!

S:はい!ぜひぜひ。

H:テレビ放送も今後あると思うので、ぜひチェックしてもらいたいですし、映像から観て〝東京ジャズ面白そうじゃん~!〟ってね、ちょっと東京旅行の傍ら東京ジャズを観てもらうのも…

S:うん、そういうのも良いかもしれないですねー!

H:ね!Stellaちゃんみたいにね、焼き鳥食べながら。あはは。

S:あはは。そういうのも良いですよ!

H:ね!ガチンコなジャズを観るのもいいけどね、おいしいものを食べながらジャズを楽しむというのもほんとに乙な楽しみ方だと思いますんで、是非みなさんご検討いただければなと思いますね。

S:はい!

H:ということで先程ちょっとお話ししましたが、沖野修也さんのKYOTO JAZZ SEXTETで昨年出させてもらったということで、せっかくなんでKYOTO JAZZ SEXTETの音源をここで聴いてもらえたらなと思います。「Speak No Evil」

KYOTO JAZZ SEXTET「MISSION」

KYOTO JAZZ SEXTET

iTunes https://itun.es/jp/8eeB6

H:先週と今週は、今月初めにStellaちゃんと僕とで行ってきました東京ジャズのレポートをお届けしております。東京国際フォーラムで東京ジャズは行われてますけど、あそこは有楽町ですよね。いわゆる東京のオフィス街ですね。新橋駅も近いし。

S:そうですね。

H:そんな場所なんですけれども、来年は有楽町、新橋から今度は若者の街、渋谷に東京ジャズが移るということで。

S:最初聞いたときは、〝え、渋谷?〟って思いました。東京国際フォーラムっていうのが頭に焼き付いてるので…

H:そうですよね、歴史がね。やっぱ有楽町から渋谷に場所を移すということは、若い世代がもっと気軽に来れると思いますね。

S:そうですよね、やっぱり渋谷ってライブハウスなども多いですし、そういう全く別視点で、ぜんぜん違うジャンルとかロックとか…そういうジャンルの方たちも、少し気になるんじゃないかなーって思いますよね。

H:そうですよね!だって渋谷近辺でああいう規模のフェスティバルって、なかなかないと思うんですよね。まぁもちろん中規模なフェスティバルは開催されてると思うんですけれども、あれだけ東京ジャズのような大きなフェスティバルがドンッと毎年あるのは、すごく刺激受けますよね。そして尚且つジャズにとっては、良い転換期だと思いますね。これからもねぇ、ジャズに限らずもういっぱいいると思いますよ、素晴らしい才能が!

S:うんうん!

H:その方を八島さんがねぇ、渋谷に場所を移しても僕らに届けてくれると思いますね。みなさん、超ご期待ですよ。

S:そうですねー!楽しみですねー!

H:東京ジャズ、16年目ももう目が離せないジャズフェスティバルだと思いますんで、ぜひみなさんも、長崎からも行ってほしいなって思います!

S:はい!

H:新しい才能といえばこの人!

S:はい、Princeが生前絶賛したという女性シンガー。

H:一回この番組でもお届けしましたよね、Kandace Springs…

S:しましたね!

H:あ、今名前言っちゃいましたけど。

S:あはは。

H:あはは。

S:そうです、Kandace Springsお届けしましたね。私大好きなんですよー。だからやっぱり東京ジャズにも、来てほしいな~(笑)なんて思ったり。あはは。

H:来てほしいですよねー!

S:はい。そんな願いも込めてみなさんにも、もう一度Kandace Springsを聴いていただきたいと思います。

H:八島さん聞いてると思いますよ。

S:あ、聞いてますかね?

H:うん!あ、そうだこれ、SOIL&”PIMP”SESSIONSの社長がリミックスした一曲ですよね。

S:そうなんです。その曲をみなさんにぜひ、聴いていただきたいと思います。Kandace Springsで「Too Good To Last feat.Terence Blanchard」。

KANDACE_SPRINGS_SOUL_EYES_COVER_Final

H:この番組では毎週テーマに合わせたジャズナンバーをセレクトしてお届けしております。今週のテーマは〝芸術〟です。芸術といえば、秋ということで。

S:そうですね!

H:はい、今バックで流れております今日のエンディングソングは僕がセレクトしたんですけれども、トランペッターのKenny Dorhamが演奏しました「My Ideal」です。

Kenny Dorham「Quiet Kenny (Remastered)」

Kenny Dorham

iTunes https://itun.es/jp/QtXOM

H:もうジャケットからして秋っぽい感じなんです、僕のイメージとしては。そしてこのトランペットの音が暖かくなるっていうかね、そろそろ夏物から秋に服をシフトするかのごとく、暖かくなるようなトランペットの音が、芸術の秋に合うなと思ってセレクトしてみました。

S:いいですねー

H:はい!番組のFacebookページでは現在、いいね!キャンペーンを行っております。いいね!をしていただいた方の中から、抽選で毎月一名様にスマートフォン置くだけスピーカーをプレゼントしております!〝いいね〟をしていただいた方は、番組宛にいいねしたよー!という報告も合わせてメッセージ、リクエストもお送りくださいね。詳しくは平戸祐介RadioMonoCreationのFacebookページをぜひご覧になってみてくださーい。
ではみなさん、カジュアル&リラクシングな週末を~

S:Have a good weekend!!

H&S:ばいばーい!

【Stella BLOG】
こんにちは、Stella.J.Cです。
この間まで暑い暑いと毎日言っていたのに、もう秋がすぐそこって季節になっちゃいました。早いな~。秋も好きだけど、季節が過ぎる頃ってなんだかちょっと寂しいですよね。でもごはんのおいしい秋も待ち遠しい。笑
来年の東京ジャズも楽しみですね!渋谷に移ったらまたフェスの色が変わりそうって思います。今回、ホールAと地上広場と伺わせていただきましたが、その二つの空間でもガラッと印象が変わって、でもどちらもシチュエーションごとにジャズをたっぷり肌で感じられてすごく満喫した時間を過ごさせていただきました。来年はどんな東京ジャズになるんだろうと今からわくわくです。是非みなさんも来年の東京ジャズ、足を運んでみてください(*^^*)