The musical concept of "Mono Creation"
Many styles under one roof... Creating music of different genres
through innovative thinking and seeing beyond existing musical styles.

2016.12.17

2016. 12.17 O.A

平戸さん&Stella

平戸祐介 (以下:H):クリスマスまで一週間前ですよね!

Stella.J.C (以下:S):そうですね~!ちょうど今頃みなさんプレゼントを買ったりしてるんじゃないんですかね!

H:そうね~!クリスマスプレゼントってなかなか選ぶの大変ですよね!

S:難しいですよねー。

H:なんかStellaちゃん、小さい時にクリスマスプレゼントの思い出があるってお聞きしたんですけど(笑)

S:あはは。はい、小さい頃…ほんと幼稚園のときに、ピアノの上に大きい熊のプレゼントがサンタから届いてたんですよ。

H:あ、かわいい!

S:その時は、もうほんと私とサイズ一緒くらいの熊のぬいぐるみだったので、そしてモフモフで。サイズが一緒だともう体が包まれるみたいな感じで(笑)

H:なるほどね~

S:あれはもうすごく鮮明に記憶に残ってます。

H:もう可愛かったでしょ?

S:可愛かったです~ずっとムギムギしてました(笑)

H:もうクマッたな~(笑)

S:あはは。実は楽屋でも何発もいただいてまーす(笑)

H:あ~あはは。
はい、今週はですね、二人がおすすめするこの季節にぴったりな一枚をご紹介していきます!どうぞ、お楽しみに。
今週のファーストソングは、僕もすごく個人的に仲良くさせていただいてますシンガーのdorlisの新しいアルバムが届きました。9月21日に、すでに音源はリリースされておりますけれども、そのニューアルバムを是非ご紹介したいなと思います。彼女自身はですね、6年ぶりとなるアルバムリリース。サウンドプロデュースに中塚武さん、そしてYoYoさんを迎えたdorlisの新たな一面が詰まった一枚となっております。そしてですね、なんと!dorlisさんからこの番組にメッセージ届いております!

S:すごーい!!

H:はい、読ませてもらいます!
〝この度はほんとにありがとうございます!長崎は二度しか行ったことがないので、長崎の方たちの耳に届くのがとてもうれしいです!よろしくお願いします!〟ということで。

S:うわーうれしいですねー!

H:はい、ぜひねぇ、ちょっと今からdorlisの新作アルバム『portrait』から一曲聴いていただきましょう。「未来の待ち合わせ場所」

dorlis

DORLIS「portrait」
iTunes https://itun.es/jp/fpaDeb

H:今週はStellaちゃんと僕とでですね、おすすめするこの季節にぴったりな一枚をご紹介していきたいなと思っているんですけれども、もうクリスマス一週間前!

S:はい、でもワクワクしますよね、一週間前になると。イルミネーションもあるし、ちょっと聴こえてくる音楽はやっぱりクリスマスだし~。

H:そうですよね~

S:そんな時期ですね。

H:なんかもうソワソワするよね、だってもうクリスマス終わったら、次は年末でしょ?

S:もうすぐですよー。2016年おわっちゃう!

H:ねーほんとねー

S:そう思うとさみしいですけどね~

H:だけどやっぱりこの季節はワクワクが止まらないし、だけどやる事もたくさんあるし、年賀状の用意もあるもし。

S:あ、ほんとそうですね。あはは。掃除もありますし。

H:大掃除もあるし、ね~やる事たくさんあるんですけれども、まぁそんな中ですね、ちょっと気になる一枚を…まぁこの季節にぴったりかどうかっていうのは、あんまりぴったりじゃないと思います(笑)

S:あ、そうなんですか?(笑)

H:あんまり関係ない感じです。だけど、僕としてはすごく気になってる音源でもあるし、この季節もう冬休みに入るかな?入る前かな?

S:入ったのかな?入るぐらいだな…だなとか言って(笑)あはは。

H:あはは。そうですよね。あのまぁ冬休みに入るとですね、お子さんたちはアニメを観る機会もね、あると思うんですね。僕が小さい頃、すごくアイドルだったアニメっていうとやっぱりガンダムなんですよ。

S:あーガンダム!

H:そうそう、なんか洋服何枚も重ねてモビルスーツとか言ってね、よくお友達とやってましたよ、戦闘ごっこ。

S:へぇー!!

H:でね、その機動戦士ガンダムのオリジナルサウンドトラックでちょっと面白いもの発見したので、ぜひみなさんにご紹介したいんですけれども、アーティストのサックス奏者で菊地成孔さんて方がいらっしゃいまして、ほんとにジャズ界の異端児って言われてる素晴らしいアーティストの方なんですけれども、その菊池さんが素晴らしいアーティストワークを残してくれました。昨年12月からですね、有料配信されていた『機動戦士ガンダム サンダーボルト』全4あるんですけれども、その中のサウンドトラックを菊池成孔さんがプロデュースしたということでご紹介したいんですけれども、内容的には今回、菊池さんは作品のために、ガンダムのためにね、激烈なフリージャズとドリーミーなポップスを作曲されたと。そして音楽家としての多才な才能を伝えるディープな内容になってるということで。僕もほんとに気になって気になってしょうがない感じの音なんですけれども、是非ですね、この菊池さんのプロデュースしました『機動戦士ガンダム サンダーボルト』のオリジナルサウンドトラックから一曲聴いてもらいたいなと思います。

S:はい!!

H:今年、音源としては6月にリリースされております。『機動戦士ガンダム サンダーボルト』から聴いてください。「サンダーボルト・メインテーマ」

機動戦士ガンダムサンダーボルト

オリジナル・サウンドトラック「オリジナル・サウンドトラック「機動戦士ガンダム サンダーボルト」/菊地成孔」
iTunes https://itun.es/jp/9rR5cb

H:今週はStellaちゃんと僕でおすすめする、この季節にぴったりな一枚をご紹介しております。ということで、ぜんぜんこの季節にぴったりな楽曲ではなかったですけれども(笑)

S:はい(笑)あはは、いやいや。

H:ぜんぜん季節的には合わない楽曲でもあるし、ほんとに僕はこの作品6月にリリースされて、非常に気になってたので、ずーっとかけるタイミングを逸してたので、是非みなさんにご紹介したいなと思って!

S:ジャケットかっこいいですよねー!

H:ね!かっこいいよね。

S:白地に、全部がモノトーンな感じで。黒の線画っていうか。

H:ねー!!

S:ちゃんと細かく書かれてますよねー。

H:もうすっごい細かいっていう言葉では表現できないってくらい、すごい細かいよね。

S:ほんとに細かい!

H:僕メンバーをね、ちょっと見てたんですけれども、ほんとにすっごいメンバーが集結してます、このアルバム。ピアニストの大西順子さん。

S:おー!!

H:そうなんです。大西順子さんが参加されていたり、もちろんプロデューサーである菊池成孔さんもサックスであったり、キーボードであったりね、参加しております。あのーこの番組でも一回ご紹介したと思いますGeila Zilkhaさんも歌っていらっしゃいますし、あともう日本ジャズ界のレジェンドであるサックス奏者の梅津和時さん。

S:すごいですねー!!

H:はい、すごい作品ですねー!

S:ほんと豪華ですね!

H:これサウンド的に言うとアニメのサウンドトラックということで、まぁいわゆる既存のアニメのサウンドトラックということで、聴くのはもちろん良いと思うんですけど、既成の概念をこわすっていうか、そういう音楽の中身になってますよね、このサウンドトラック自体がね。

S:そうですねー。

H:本物のフリージャズというかね、そういう音源でもあるし、だから日頃ジャズを聴いてる方もたまにはこういうガチなフリージャズを楽しむっていうのも良いと思いますね。菊池成孔さんがプロデュースしております『機動戦士ガンダム サンダーボルト』オリジナル・サウンドトラック、是非みなさんチェックしてみてください!

S:はい!

H:「サンダーボルト・メインテーマ」をお届けしました。
続いてはStellaちゃん?

S:はい!

H:いきますか?

S:いきたいと思いますー。The New Mastersoundsって聴いたことありますか??

H:あーありますよ!

S:以前にも一度かけたことがあると思うんですけど、そのThe New Mastersoundsの一曲をご紹介したいと思います!

H:はい!

S:アルバムがですね、12月2日にリリースされました。

H:今月だ!

S:そうなんです。『The Nashville Session』というアルバムの一曲なんですけれども、以前にThe New Mastersoundsの曲は『Ten Years On』というアルバムから「Chocolate Chip」という曲をかけてまして…

H:覚えてる!

S:覚えてますか?結構ジャズファンクなんですよね~!

H:そうだねー!

S:で、構成がギターのEddie Robertsと、ベースのPete Shand。

H:うんうん。

S:ドラムのSimon Allen、オルガンのJoe Tattonの4人で構成されてるんですよ。

H:なるほねー

S:ジャズファンクなんで、なんでしょう~とにかく明るくて。

H:ノリが良くてね。

S:はい、ノリが良くて!まぁクリスマスって言ったらまたちょっと違うかもしれませんが(笑)

H:まぁまぁ二人ともそうだね!ぜんぜんこの季節にぴったりな楽曲は選んでないよね(笑)

S:そうですね(笑)あはは。

H:あはは。ちょっと企画からそれちゃいましたけど…

S:けど!

H:ほんとに気になるのをね。気になる作品をね。

S:そうなんです。そんな今日のこの日に(笑)ちょっとみなさんに聴いていただきたいと思います!

H:はい!これイギリスのバンドでしょ?

S:そうですそうです。

H:ね!イギリスのバンドって言ったらJamiroquaiだったりとかさ、Brand New Heaviesとかさ。要は90年代のアシッドジャズとかさ。

S:そうですね、多いですね。

H:そう、多いし、やっぱりこの気強いよね。やっぱりちょっとファンクが基調になってるジャズっぽい感じ。やっぱりそういう土壌があるんだろうね。

S:では、紹介したいと思います!

H:はい、お願いします!

S:The New Mastersoundsで、アルバムは『The Nashville Session』から「One Note Brown」。

NMS_NashvilleSession_Sleeve.indd

The New Mastersounds「THE NASHVILLE SESSION」
iTunes https://itun.es/jp/jR7-fb

H:この番組では毎週テーマに合わせたジャズナンバーをセレクトしてお届けしておりますが、今週のテーマは〝クリスマス〟です!!

S:はい!!♪

H:もうまさしくクリスマスだよね!

S:そうですね!

H:今バックで流れております今日のエンディング、アーティストのZoot Simsの「My Old Flame」です。

Zoot Sims

Zoot Sims「Zoot Sims On Ducretet Thomson」
※音源なし

H:このアルバム、1956年に録音されたアルバムなんですけれども、Zoot Sims、サックス奏者です。もうこの季節に聴くといっつも暖かくなるのよ。だからこの季節、あったかーい気持ちになりたいんで、この曲を選んでみました!!
さて、番組のFacebookページでは、現在いいね!キャンペーンを行っております。いいね!をしていただいた方の中から、抽選で毎月一名様にスマートフォン置くだけスピーカーをプレゼントしております!〝いいね〟をしていただいた方は、番組宛にいいねしたよー!という報告も合わせてメッセージ、リクエストをお送りくださいね。詳しくは平戸祐介RadioMonoCreationのFacebookページをぜひご覧になってみてくださーい。
それではみなさんカジュアル&リラクシングな週末を~

S:Have a good weekend!!

H&S:バイバーイ!

【Stella BLOG】
こんにちは~、Stella.J.Cです。
もうすぐクリスマスですねー♪もうどこへ行ってもイルミネーションがキラキラ、そして音楽もクリスマス一色ですね!!いつも毎年、街並みがクリスマスにかわっていくのを見て、クリスマスを感じるのはもちろんあるんですけど、私はハロウィンが終わったころに流れる、あのCM(笑)ク~リスマスが今年もやってくる♪♪これで一気にわくわくします!!みなさんはいかがですか?(*^^*)
来週もこの季節にぴったり?(笑)な一枚をご紹介していきますよー!どうぞお楽しみにー♪