The musical concept of "Mono Creation"
Many styles under one roof... Creating music of different genres
through innovative thinking and seeing beyond existing musical styles.

2017.01.21

2017.1.21 O.A (小川隆夫)

平戸さん&Stella

平戸祐介 (以下:H):昨日は大寒、一年でいちばん寒い日と言われている日だったんですけれども、Stellaちゃんは寒いの大丈夫ですか??

Stella.J.C (以下:S):大丈夫です!!

H:大丈夫ですか?

S:わたし暑がりなんで~

H:あ~そうか!いつも言ってるもんね~!

S:そうなんです、だから寒いのは嫌いじゃないです。

H:なるほどね。

S:ぬくぬくして暖まるというか、そういうのも好きです。

H:でもなんか冬になると、いろいろとファッションもね~。ファッションと言えばStellaちゃんじゃないですか。

S:あはは。

H:やっぱいろいろとね~、重ね着もできるんで彩り豊かになるじゃないですか。

S:そうですね~

H:で、今日もね、みなさんこれ参考にしてほしいっすね~。

S:そんな~参考にならないですよ(汗)

H:上はねぇ、すごくエレガントな感じなんですけれども、白でシンプルな感じのセーター着ていて。そして!下は驚くなかれ、アディダスの黒のタイツですよね!

S:あはは、そうですね、なんか運動するときのやつ。

H:うん、もう今からでも走り出しそうなね!

S:はい、あはは。もうこれがすごい動きやすいんですよ。スニーカーで、運動するときのこのスパッツが動きやすくてこれにしちゃいました(笑)ただそれだけなんです(汗)

H:でもねぇ、これ人選びますね。さすがです!
はい、今週と来週は、今年1月3日に放送されました『FM長崎New Year Special Talking Miles powered by CASIO』で、残念ながら時間の関係で編集カットされてしまった未公開トークの部分を、厳選ON AIRしたいと思います!!
今週のファーストソングはですね、数多くのクラブフィット作品をリリースし、J-POPから海外アーティストまで幅広いプロデュースワークを手掛けます。昨年末にリリースしましたソロアルバム『Technoca』も話題のWatusiが率いるユニットです。僕の友人でもあり、素晴らしいパーカッションニストquasimodeの松岡”matzz”高廣も参加しております。聴いてください。1月1日にアルバムの方はすでにリリースされております。僕の大好きなシンガーBirdさんをフューチャーした楽曲を一曲お聴きください。Tokyo Discotheque Orchestraで「ARE WE READY」。

01_TDO_Jacket_design_1116

TDO「TOKYO DISCOTHEQUE ORCHESTRA」
iTunes https://itun.es/jp/5G-Ngb

H:お正月ですね、1月3日の夕方5時~Miles Davis好きなわたし平戸祐介と、この番組のゲストでお越しいただいたことがあります、現役のお医者さんですもあります、数々のジャズに関する著書を執筆、Miles本人とも何度も直接会って取材もされております。ジャズジャーナリストの小川隆夫さんの二人で、『FM長崎New Year Special Talking Miles powered by CASIO』をお送りしました!みなさん、聴いていただけましたでしょうか。去年ですね、Miles生誕90周年、没後25年、Miles初の伝記的映画『MILES AHEAD』が年末年始に各地で公開ということから、この特番が制作されることになったわけですなんですけれども、2時間特番ということで非常にですね、小川隆夫さんが今まで感じたことであったりとか、経験。もうほんとに未公開な、今までいろんな番組に小川さんもMiles特番で出ていらっしゃったんですけれども、それ以外のこともたっくさん話してもらって、Milesの今まで見えなかった表情であったりとか、〝あ、こういうこともMilesって〟っていうことも話してくれたりとか、あとこういう行動もしてくれたんだっていうのがね、ほんとに直に感じ取れて、Milesがもっともっと僕にとっても身近な存在になりましたね!

S:私も聞かせていただきましたけれども、こんな出会いがあったんだな~とか、こんなお話しされてたんだな~とか、なんかすごくドキドキして聞いてました。

H:ということでですね、今日はオープニングでもお話したとおり、特別番組ではON AIRできなかった部分をお届けしたいなと思います。では、どうぞ~

小川隆夫さん未公開トーク
______________________________________

H:あのー、僕たちね、バンド結成しまして、もうほんとに雰囲気としたらMilesの70年代の。

小川隆夫(以下:O):そう、そう影響を受けてっていう音楽をやりたくて、前回ね、もう一年ちょっと前だけど、この平戸さんの番組に出させてもらったときに終わったあとだっけ?実は僕バンドつくりたいんだよねーって。

H:びっくりしましたよ。

O:平戸さんそのときBLUE NOTEとか、そういう昔のレコードも好きだから、そういうのやろうかなって思ったって言ったけど、僕Milesのエレクトリックなのやりたいって言ったら〝あ、やりましょう〟ってね。で、その後ね、二人でこんな感じの音楽やりたいとか相談して、それでメンバーどうしようかってメンバーを決めて、それでリハーサルを始めて、まぁ平戸さんがデモテープつくってきて、それを元にリハーサルはじめて。結構メンバーはみんな忙しいんだよね!

H:そうですねー。要はみんなそれぞれのシーンで第一線で活躍してるメンバーばっかりですからね。

O:そう、活躍してる人ばっかりでね、僕入れて8人で、僕は暇だけど残りの7人は大忙しの人だから。

H:いやいや何言ってんすか。

O:その人たちをね、集めるのがとにかく大変。リハーサルもなかなかできないし。で、なんとかリハーサルを3回くらいやって、それでやっと先月か、横浜で無事、旗揚げライブをやって。

H:はい、無事終わりましたね。

O:あ、バンドの名前はねぇ、〝Selim Slive Elements〟と言って、セリムっていうのはスペルは、Selim。これはMilesの名前をひっくり返したんですよ。

H:そうですね!

O:それからSliveていうのは、ライブス、リブスLivesのSを前に持ってきてSlive。だからMilesがもし生きてたら、こんな音楽やるんじゃないかなーと思って、バンドの名前をね、まぁ平戸さんと相談してね。いくつか候補を出してね。それで〝Selim Slive Elements〟というバンド名にして。だからMilesが生きてたら入ってもらいたいなーと思ったから、トランペッターをあえて入れなかった。

H:いや、言いと思うんですよねー、そのアイディア。

O:だから、2サックス。僕はまぁギター弾いてるフリだけど(笑)

H:いやいやいや弾いてますよ、みなさん!がっつり弾いてますよ!

O:それで、3リズムにパーカッション。だから4リズムね。それでフロントがサックス二人にギター二人。それで8人組み。これね、僕ほんと楽しい!

H:ほんとにもう奇遇かもしれないですけど、ほんとにこの番組もそうですけれども、Milesの生誕90周年を祝うっていうかね、それを記念するかたちで、今回バンドも結成できましたし、この番組もね、FM長崎で二時間できましたしね。すごく嬉しいですよね。

O:実は去年ね、Milesの本二冊出して、バンドもつくって。Milesほら65歳で亡くなってるじゃないですか。

H:そうですよねー

O:僕ねぇ、去年66歳になっちゃったんですよ(笑)

H:あ、おめでとうございます!!

O:めでたいかどうかわかんないんだけど、Milesより一つ年上になっちゃって、ふと振返ったのね。そしたらもうやりたいことをとにかくやって、思い残すこともうほとんどないんだけど、唯一思い残すことがバンドだったんで、あはは。

H:なるほど!

O:たまたま平戸さんとこういう縁があって相談したらやりましょって言ってくれたんで、ほんっとに嬉しいの!想いが叶った!

H:あのー、このSelim Slive Elementsですね、新しいライブが決まりましたよね。

O:はい、3月9日(木)、東京の代官山というちょっとオシャレな街ですよね。そこに面白いライブハウスがあって、晴れたら空に豆まいてっていう不思議な名前ね。そういうライブハウスがあって、結構ジャンル問わずですよね。

H:でもなんかピアニストの山下洋輔さん。

O:もね、この間やってるし、ジャズだったら日野皓正さんとか龝吉敏子さんもソロピアノやったし。そこでやります。

H:はい、みなさん是非!
続いてはですね、小川さん、今後のですねー、予定というか…

O:本がねぇ、また出るんですね。

H:おー素晴らしい!

O:今月末にまず一冊出て、それはねぇ、『ジャズメン死亡診断書』というね(笑)

H:あはは。

O:医者の僕だから、書くというね。いろんなほらジャズのミュージシャンて、変な死に方した人がいるじゃないですか!

H:あーはいはい。

O:これはもうおちょくるわけじゃなくて、やっぱり人の生き様っていうのはね、こっちも真面目に書かなきゃいけないので、まぁ医学的な分析をしてみたり、要するに死から見えてくるミュージシャンの生き方ってあるわけですよ。あとは例えばMilesのお墓から見えてくるMiles像とかあるじゃないですか。だからそういう死から遡る。どういう死に方をしたのか、この人は。そっからその人の人生が見えてくるようなとこがあるなって、僕はずーっと昔から思ってたの。それで『ジャズメン死亡診断書』というね、ちょっとタイトルは顰蹙を買うかもしれないけれども、これがいちばんわかりやすいタイトルだと思ったんで悩んだんですけどね。そういうタイトルで出すことにしました。23人のミュージシャンを取り上げました。

H:なるほどですね。

O:それからもう一つはねぇ、春くらいに出すんですけど、日本のジャズレーベルでThree Blind Miceっていうのがあるんですよ。

H:ありますねー。これは70年代のね!

O:そう、70年代の日本の主要な若手ミュージシャンとかね、まぁベテランのミュージシャンのアルバムもあるんですけれども、僕は日本のBLUE NOTEだと思ってるんですけどね。

H:そうだと思います。

O:140枚くらいアルバム出して、まぁ倒産しちゃうんですけども、それのコンプリートディスクガイドっていうものをね、今作ってるんですよ。

H:あれ、小川さんもしかしてThree Blind Miceも全てコレクションされてるんですか?

O:そうです。

H:すばらしい!!!

O:それで、ディスクガイドだから全アルバムを紹介するんですけれども、それだけじゃなくて、その創立者でプロデューサーの藤井武って方にインタビューしたりね。それからThree Blind Miceって音が良いので有名なんですよ。

H:あ、いいですよねー

O:で、神成さんていうね、エンジニアの方がほとんどレコーディングしてて、神成さんにもお話しを聞いたり。それから今Three Blind Mice出してるレーベルはdisk unionが出してるので、その担当者の方とかにも聞いたり。Three Blind Miceでいりばん人気のあるミュージシャンの一人が山本剛さん。

H:あーですよねー

O:山本さんも僕ねぇ、大学生の頃から知ってる人なんですよ。で、彼のインタビューも載せようと。そういうものを作ってます!

H:すごいですねー!このMiles関連の二冊が出たばかりにも関わらず、もうこの二冊を。非常に楽しみですねー!

O:本が出た暁にも平戸さんの番組で紹介してください、あはは。

H:いやもう、これちょっとプロデューサーとすぐ相談しまして、ぜひ近いうちにまた番組のゲストの方にお越しください!

O:ありがとうございます!

______________________________________

H:はい、いかがだったでしょうかー。小川さんはねぇ、去年Milesに関する著書を二冊発売されております。まず一冊めは『Miles Davisの真実』、そして二冊目は『Miles Davisが語ったすべてのこと』ということでですね、ぜひみなさんチェックしてみてください!そしてその小川さんが日本語の監修もしております。Milesの伝記的映画『MILES AHEAD』、劇場公開情報は映画『MILES AHEAD』の公式WEBサイトなどで、みなさんご確認ください。
ではですね、Milesの曲を一曲お送りしたいなと思います。Milesの1956年のアルバム『Relaxin’』から聴いてください。スタンダードで有名です。「If I Were a Bell」。

Relaxin'

Miles Davis Quintet「Relaxin’ With the Miles Davis Quintet (Rudy Van Gelder Remasters)」
iTunes https://itun.es/jp/10v5W

H:今週はお正月に放送されました『FM長崎New Year Special Talking Miles powered by CASIO』の未公開トーク部分をお届けしましたけれども、まだまだあります。貴重なトーク、来週もお届けしますので、どうぞお楽しみに!
この番組では毎週テーマに合わせたジャズナンバーをセレクトしてお届けしておりますが、今週のテーマは〝大寒〟です!寒い!!

S:寒いですよね~。オープニングでもお話ししたんですけれども、大寒!一年でいちばん寒い日と言われている日、ということで選ばせていただいたんですけれども、Adrian Youngeの「Winter is here」です。

Adrian Younge

Adrian Younge「Something About April Ⅱ」
Youtube https://www.youtube.com/watch?v=a6rNODSo2Wc

H:はい、まさしくその通りって感じですよね!

S:はい!!

H:さて、番組のFacebookページでは、現在いいね!キャンペーンを行っております。いいね!をしていただいた方の中から、抽選で毎月一名様にスマートフォン置くだけスピーカーをプレゼントいたします!〝いいね〟をしていただいた方は、番組宛にいいねしたよー!という報告も合わせてメッセージ、リクエストをお送りくださいね。詳しくは平戸祐介RadioMonoCreationのFacebookページをぜひご覧になってみてくださーい。
みなさん、まだまだ寒いです!風邪に気をつけてくださーい!

S:Have a nice day!!

H&S:バイバーイ!

【Stella BLOG】
こんにちは。Stella.J.Cです。
毎日寒いですね~。寒くてさすがに外でのランニングは、やめちゃいました…(笑)
でも、寒い場所から暖かい部屋に入った瞬間て好きです!一気に身体が温まる感じ。そこに暖炉と本と、コーヒーなんてあったら最高です!!そんな経験はないですが…理想です(*^^*)
みなさん、お正月に放送されました『FM長崎New Year Special Talking Miles powered by CASIO』お聞きくださいましたでしょうかー。小川さんのお話は本当に貴重なお話しばかり。今までたくさんの情報が世の中に出ていると思いますが、直にお話しされた内容や行動、表情までをもこんなに知ることはできないんじゃないかってくらいリアルなお話だなーと思いました。
来週もまだまだ未公開トークをお届けしますよ!どうぞお楽しみにー♪